HOMEはじめに当社案内商品案内良い印鑑高級印材印鑑供養サポート大黒天様参拝方法方位取りお客様の声よくあるご質問お問合せ


神社の正しい参拝方法

ここでは、よくお客様に聞かれる神社の正しい参拝方法をご説明いたします。

お正月など、神社を参ることはありますが、正しい方法で参拝しないと、神様に対して失礼になってしまうこともあるかもしれません。正しい参拝方法をここでしっかりと覚えて、神様に気持ちよく出迎えてもらいましょう。

ご自身のお願いなどを聞いてもらう時も、正しく参拝すれば神様にしっかりと届きます。


■神社での正しい参拝方法
一、 鳥居をくぐる前に、一礼をしましょう。

鳥居の先は神様のいらっしゃる神聖な場所です。一礼をして、気持ちを改めてから入ります。
これを「一揖(いちゆう)」と言います。
二、 参道は、端を通りましょう。

参道の中央は、「正中」と言い、神様が通る道です。参拝者が通る場所ではないんですね。

三、 手水舎(てみずや)で手と口をすすぎましょう。

参道の手前にある手水舎で、身を清めます。これを「禊(みそぎ)」と言います。
禊にも正しい方法が決められています。
  1. 右手で柄杓を取って、水を汲み、それをかけて左手を清めます。
  2. 次に、左手に柄杓を持ちかえて、右手を清めます。
  3. 再び柄杓を右手に持ちかえて、左の手のひらに水を受け、その水を口に入れてすすぎます。決して直接柄杓に口をつけてはいけません。
  4. すすぎ終わったら、水をもう1度左手に流します。
  5. 使った柄杓を立てて、柄の部分に水を流してすすぎ、元の位置に戻します。
以上で禊は終わりです。

四、 眷属(けんぞく)に挨拶をしましょう。

神社の本殿へと続く階段の前には、左右に狛犬(こまいぬ)が神様を守っています。彼らは神様の使いと言われています。眷属にもしっかりと一礼をして、挨拶をしましょう。

挨拶する時は、住所、氏名を告げ、「本日参拝させていただきます。よろしくお願いします」と心の中で言うといいでしょう。

五、 一礼し、鈴があればしっかりと鳴らしましょう。

神様に参拝に来たことをお知らせする意味でも、力強く鳴らすといいでしょう。
そして、お賽銭は、決して投げてはいけません。お金を神様に投げつけるのは失礼にあたるので、そっと賽銭箱に入れます。

六、 二礼二拍手一礼をしましょう。

二礼は、最敬礼を二回行います。腰を90度曲げ、背中を平らにします。感謝の念を込めて行います。

そして二拍手をするときには、住所、氏名を告げ、両手を合わせてお願い事を伝えます。お願い事はご自身の身の丈にあったお願いをするといいでしょう。

最後に、もう一度、深く礼をします。

本殿を後にする時にも、鳥居を出る時にも、振り返っての一礼を忘れないようにしましょう。


正規象牙素材の最高級印鑑・印鑑供養 大黒屋商印 ホームページへ戻る

HOMEはじめに当社案内商品案内良い印鑑高級印材印鑑供養サポート大黒天様参拝方法方位取りお客様の声よくあるご質問お問合せ